2008年09月30日

ネットに声優殺害計画

ネットに声優殺害予告=脅迫容疑で少年逮捕-警視庁

時事通信 [9/30 14:02]
インターネットの掲示板に女性声優の殺害予告を書き込んだとして、警視庁捜査1課と目白署は30日までに、脅迫の疑いで、山形県内に住む無職の少年(19)を逮捕した。容疑を認め、「いたずらのつもりだった」と供述している。

http://news.mobile.yahoo.co.jp/p/news/news/view/20080930-00000060-jijm_s-soci.html

困ったもんです。まだこういう輩がいることにうんざりします。

インターネットは匿名の世界ではないと言うことを認識すべきです。

そうすれば2ちゃんねるみたいなゴミサイトはなくなることでしょう。

ネット世界も健全化が求められています。
posted by 出会い通 at 17:10| 日記

2008年08月22日

誘拐防止、GPSを体内へ

裕福なメキシコ人のなかには、誘拐事件の増加を恐れて、多額の資金を投じて体内に衛星発信機を埋め込む人たちがいる。誘拐犯の隠れ家や車のトランクの中に押し込められても、衛星を頼りに見つけてもらうことができるからだ。

メキシコ当局の発表によると、同国の誘拐件数は、2004年から2007年の間に約40%増加した。メキシコは、イラクのような紛争が絶えない場所やコロンビアと並んで、最も誘拐件数の多い国のひとつとなっている。

中流階級の人たちの間でも、超小型チップを体内に埋め込もうとする人々が増えている。そうした超小型チップのデザインと販売を手掛けるXega社の売上高は今年に入って13%増加している。

http://news.mobile.yahoo.co.jp/p/news/news/view/20080822-00000028-reu-int.html

すごい話です。貴重品ではなく自分に埋め込むなんて。確かに究極の防犯?
posted by 出会い通 at 17:58| 日記

2008年08月10日

カリスマファッションモデルのハイパーダイエット

「栄養失調は、太ります」


・・・びっくりされませんでしたか?

編集後記でもっとすごいものをご紹介しますので
忙しい方は編集後記だけでもご覧下さい。


では、始めます。



★「栄養失調は、太ります」


「嘘だ〜」という声が聞こえてきそうですが、本当のことです。


人間の祖先は、何万年も前の氷河期を生き延びてきました。


その遺伝子が残っているのでしょうか、栄養状態が極端に悪くなると、
人間の体は自衛手段として「可能な限り脂肪を燃焼させない体質」になります。


俗に言う「省エネ体質」というやつですね。

そして、熱を多く消費する「筋肉」を先に減らす働きをします。

脂肪が減らないのに、筋肉という「エネルギー消費工場」がなくなるので、
ますます体の「省エネ化」は進んでしまいます。


ですので、「単品ダイエット」や、一食を何かに必ず置き換える「置き換えダイ
エット」
も私どもはオススメしておりません。

特に問題なさそうな「置き換えダイエット」が怖いと私はみております。

「置き換えダイエット」で有名なものとしては・・・

そう、ショッピングモールなどで相変わらずよく売れている「ク○○ーダイエッ
ト」
などが非常に有名ですね。

ですが、これらの置き換えダイエット食品を、購入者の体質まで診断してお買い
求め
していただいているということは聞いたことがありません。

・・・ここが怖いのです。

「購入者の体質まで診断する」

そのような仕組みを持っていないサービスが多すぎるのです。


ただでさえ、自己流ダイエットをされている方は、食物の摂取品目が極端に少な

なっている場合が多いのです。

そこへもってきて、さらに摂取品目を減らそうとするのですから、私からみると
自殺行為にしか思えません。


たまに、「この1食で栄養バランスが良いのでオススメです!」というような食
品も
注意が必要です。

「生産国や製造国などがわからないと、危険なことすらある」からです!


「食事法」というのは、「体を綺麗に細くさせる作業」の重要な柱のうちの一つ
です。

仕事や勉強、家事や育児などが忙しくて時間が取れない、自炊ができないという
理由が
あるのもわかりますが、日々のちょっとした注意をする習慣が将来的には非常に
大きい
差になることも多いので、よく覚えておいてくださいね。

まずは、しっかりとしたダイエットの正しい知識を身につける。

ダイエット食品やサプリ、器具やエステなどに頼るのは、正しいダイエット知識
を身につけた
後でも十分間に合います。




編集後記

あ、忘れるところでした。

この度、現役のファッションモデル3名と、会員数3千名のダイエットサポート
が中心になって
編み出された 「モデダイ2 現役カリスマファッションモデルのハイパーダイ
エット」を
私どもでも取り扱いを開始しました!

「モデダイ2という商品を取り扱ってもらえませんか?」というご要望を多くい
ただいていたので
遂に実現できた!と喜んでおります。

このダイエットプログラムのすごいところは・・・

まあ、実際に見てもらったほうがいいですね。

これらのダイエットプログラムの内容を特別に一部だけ
なんと無料で公開しているので、紹介しておきます。

http://www.modeldiet.biz/a/modelfree.pdf

(※右クリックして保存してお読みください)

posted by 出会い通 at 00:01| 日記

2008年06月06日

東京でオリンピック?

国際オリンピック委員会(IOC)は4日、当地で理事会を開き、2016年夏季五輪の立候補都市を絞り込む第1次選考を行い、申請していた7都市から東京など4都市を選び、立候補を正式承認した。

通過した都市は今後、開催都市を決定する来年10月2日のIOC総会(コペンハーゲン)に向けて、国際的な招致活動が解禁される。

東京は1964年以来52年ぶり2度目となる、日本での夏季五輪開催を目指す。

立候補が正式承認されたのは、東京、シカゴ(米国)、マドリード(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)の4都市。ドーハ(カタール)、プラハ(チェコ)、バクー(アゼルバイジャン)が落選した。

http://news.mobile.yahoo.co.jp/p/news/news/view/20080605-00000162-maim_y-spo.html

東京でオリンピックをやる意味がわからんわ…

国民は望んでもいないのにどこぞの知事がつっぱしってるちゅーやつやな。

権力者が名誉や名声に走るっちゅー一般的な構図にはまりこんでんねん。もう少し頭のいい指導者かと思ってたんが、がっかりやで。
大阪やなんかで無理してでもやったほうが経済のためにはほんまいいですわ。

東京から日本を元気にするとか言うてますが無理ですわ。東京がうるおーても地方は潤おわんで。
功績残したい言う気持ちわかるけどな。

まあ東京はどのみち落選するからええけどな。
posted by 出会い通 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月31日

倖田來未Mステ出演で3カ月半ぶりTV動画

倖田來未Mステ出演で3カ月半ぶりTV

デイリースポーツ [5/31 9:37]
歌手の倖田來未(25)が30日、テレビ朝日・ABC系の音楽番組「ミュージックステーション」(後8・00)に生出演し、3カ月半ぶりにテレビ復帰した。

2月7日放送のフジテレビ系報道番組「スーパーニュース」内で「羊水」発言の謝罪を行って以来のテレビ出演。倖田は新曲「MoonCrying」(6月11日発売)の作詞エピソードなどを持ち前の関西弁で元気に語ったが、活動自粛や一部で報じられたSMAP・中居正広(35)との交際の話題には一切触れなかった。

http://news.mobile.yahoo.co.jp/p/news/news/view/20080531-00000003-dal-ent.html

これで完全復活か?
結婚という話にでもなれば状況変わってきますけど。
posted by 出会い通 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月23日

離婚

離婚(りこん)とは、生存中の夫婦が、有効に成立した婚姻を、婚姻後に生じた事情を理由として将来に向かって解消することをいう。有効に成立した婚姻を事後的に解消する点で、当初から婚姻の成立要件に疑義がある場合に問題となる婚姻の無効・取消しと区別される。


日本では、民法(明治29年法律第89号)第763条から第771条に離婚に関する実体的規定を置いているが、その他、戸籍法(昭和22年法律第224号)、家事審判法(昭和22年法律第152号)、人事訴訟法(平成15年法律第109号)及びこれらの附属法規が離婚に関する手続規定を置いている。

日本では平成元年から平成15年にかけて離婚件数が増加し、その後減少している。厚生労働省「人口動態統計」によると、平成元年の離婚件数は約20万件、平成14年は29万組となっている(離婚率でいえば、平成17年で人口1000人あたり2.08である)。平成14年を境に減少傾向となっており、離婚率が3.39であった明治時代に比べれば少ない[1](これは、明治時代の女性は処女性よりも労働力として評価されており、再婚についての違和感がほとんどなく、嫁の追い出し・逃げ出し離婚も多かったこと、離婚することを恥とも残念とも思わない人が多かったことが理由とされている[2])。現代の離婚の原因の主なものは「性格の不一致」である。また、熟年結婚が熟年夫婦による離婚の数値を押し上げている。

マスコミなどでは「3組に1組が離婚」などと言われることがある。

現行法は、離婚の形態として、協議離婚(協議上の離婚)、調停離婚、審判離婚、裁判離婚(裁判上の離婚)を規定している。
posted by 出会い通 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記